×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

インドネシアを知る

バリ島移住 屋台

 人口約2億3千8百万人。1万からの島からなり、そのうちの8千が有人島と言われているインドネシア。その島々にそれぞれの言語と文化を持った民族が暮らしています。
 公用語はインドネシア語ですが、バリ島ではバリ語、ロンボク島ではロンボク語など、独自の言語は今でも使われ続けています。
 ジャワ人、スンダ人、バタック人等の大多数がマレー系民族で、その他、中国系、パプア系の民族も居住しています。
 大きな影響力を持つ宗教は、イスラム教が約87%、プロテスタントが約6%、カトリックが約4%、ヒンドゥ教が1.8%、仏教が約0.3%、その他0.9%と言われています。

 バリ島の西側にある、ジャワ島

 古くから仏教やヒンドゥ教の文化が栄えた島です。
 ジョグジャカルタ周辺は、王宮文化が色濃く残っており、ボルブドゥール遺跡やプランバナン寺院、ジャワ原人の頭蓋骨が発見されたサンギランなど、世界遺産に登録されてる遺跡が残っています。
 ガムラン音楽やワヤン・クリッなどの宮廷芸能、バティックなどの手工芸も、民族性と文化を感じることができます。
 人口1000万人を超える、インドネシア経済・政治の中心地、首都ジャカルタをはじめ、スンダ文化の中心地として栄えた街バンドゥン、ジャワ島のほぼ中心部に位置する、イスラム文化を色濃く残す古都ソロ(スラカルタ)、イスラム教徒の席捲にも屈せず、ヒンドゥ教を守り抜いているテングル人の住むブロモ山、自然遺跡のウジュンクロン国立公園などがあります。

 バリ島の東側に浮かぶ、ロンボク島

 バリ島から、約50km東に浮かぶロンボク島、第二のバリ島とするべく観光開発が進んでいますが、まだまだ素朴な風景が残っています。
 観光地として、バリ・カランガスム王朝時代の遺跡や、先住民ササック人の伝統村を観ることもできます。そして、インドネシア第二の高峰、リンジャニ山の本格的なトレッキングを楽しむこともできます。
 白砂のビーチが数多くあり、ロンボク島を代表する老舗のビーチリゾート、スンギギは、ホテル、レストランも揃っていて滞在しやすい街です。
 ロンボク島の北西にあるギリ・アイル、ギリ・メノ、ギリ・トゥラワガンという小島周辺は、バックパッカーにも人気で、ダイビングも楽しめる島です

 バリ島の北に位置する、スラウェシ島

 インドネシアのほぼ中央、赤道直下に位置するスラウェシ島は、大海原に咲いた蘭のような形をしている、約19万km2の大きさの島で、かつてはセレベス島と呼ばれていました。
 州都マカッサルは、大航海時代から重要な貿易港であり、香辛料の集積地として栄えています。この街の沿岸で獲れるシーフードは、インドネシアいち美味しいといわれています。
 棚田の景観や、舟形伝統家屋、コーヒーで有名なタナ・トラジャ、世界最小の猿、タルシウスに出逢えるタンココ自然保護区、豪快なドロップオフで名高いダイビングスポットを持つマナドなどがあります。


――― END of This page.And Copyright-バリ島移住-All Rights Reserved.―――
バリ島移住 バリ島移住 『安全に南国暮らし』 バリ島移住 『安全に南国暮らし』